女性

自律神経失調症の治し方|治療を図ってみるみるゲンキ!

いろいろな原因

医者

突発性のめまいや吐き気、頭痛などが生じた場合は、メニエール病の可能性があります。メニエール病の原因は、現在のところはっきりとしたものは解明されていません。内耳の中にある内リンパ水の増加が原因であるという説が有力です。

詳細へ

自律神経を整える

カウンセリング

自律神経失調症は、自律神経のバランスが乱れることで発生する病気です。この病気を発症すると、肩こりや不眠、下痢などの症状に見舞われます。また、発熱やイライラ、頭痛などを発生する恐れもあります。自律神経失調症が発生しやすいのは、真面目な人や責任感が発生しやすいタイプです。自分よりも周囲の人のことを考えすぎてしまう人、過剰に気を遣ってしまう人がかかりやすい病気と言えます。最近めまいや耳鳴りが起こるようになったという人や頭痛や肩こりがひどくなったという人は、自律神経失調症の疑いがあります。普段これらの症状は一切無かったのに急に出てきた、という方はまず病院に行き診察を受けてみましょう。

自律神経失調症の治療法として現在主流となっているのが、薬物投与による治療です。国内にある病院のほとんどが薬物投与による治療を促しています。使用される薬物としては、自律神経調整薬や抗不安薬などがあります。自律神経調整薬は、交感神経と副交換神経のバランスを整えてくれる効果を持っています。そして抗不安薬は、その人が抱えている不安や緊張を緩和してくれる効果を持っています。これらの治療薬以外にも、自律神経抹消作用薬や抗うつ剤などの治療薬を処方されることがあります。これらも自律神経失調症に効果のある薬として扱われています。これらの治療薬は効果は大きいですが、眠気や便秘などの副作用が生じる恐れがあります。副作用の症状がひどくなりそうであれば、すぐに薬の使用を止めるようにしましょう。

いろいろな症状

看護師

甲状腺の病気にかかってしまうと、動悸や手の震えといった症状に見舞われます。これらの症状は、糖尿病や心臓病などからもくるので、どの病気から来ている症状なのかすぐには判断が付きません。

詳細へ

重度の疲労を感じたら

男性

慢性疲労症候群は、生活を送る上で必要となる行動のほとんどに疲労や倦怠感を覚える疾患です。今のところ原因という原因が解明されていません。ホルモンの低下やストレスの蓄積などが原因ではないかと考えられています。

詳細へ